交通事故に遭った場合

交通事故に遭った場合、気が動転してしまい冷静な判断が出来なくなる事があります。ここでは、交通事故に遭った場合に、やるべき事について、ご説明します。

まずは、警察に通報する事です。仮に相手が警察を呼ぶ事を渋っても、通報は必ず行って下さい。加害者なのか被害者なのかわからない場合や、相手が逃走する可能性もあります。ケガを負っていて警察を呼ぶ事が出来ない限り、出来るだけ自分で通報するようにしましょう。次に、自分でも自己の記録を取っておきましょう。事故現場の証拠は、損害賠償請求時に非常に重要なものになります。事故車や現場の状況、破損個所、負傷部位などの他、氏名や住所などの基本的情報はもちろん、念の為、相手の車検証や免許証を記録しておくこともお勧めします。更に、出来れば第3者の目撃証言を確保できれば尚良いです。第3者の承認は警察や保険会社に信用される事が多くなります。その後、保険会社に連絡を入れます。その場ですぐに、当人同士で示談を行う事は避けて下さい。保険会社に連絡する事で、示談交渉に必要となる書類などが出てくるので、後で後でに回る事を避けられます。最後に病院に行きます。もし外相が無くてむち打ち症であったり、気付いてないだけで脳内出血や骨折などを起こしている可能性があります。傷害があると診断された場合は、速やかに人身事故の手続きを行い交通事故証明書の交付を受けて下さい。

交通事故の際は、上記の事を迅速かつ的確に行う事は難しいですが、もしもの場合に備え、覚えておきましょう。