手続きの流れ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故により後遺障害が残った場合、どのように対処したらよいのでしょうか。ここでは、後遺障害認定手続きの流れについて、ご説明します。

症状固定となったら医師に診てもらい、後遺障害診断書を作成してもらいます。後遺障害診断書は医師のみが作成できるもので、治療開始日や症状固定日、治療内容などの認定に必要な情報を明確に記載します。作成出来たら保険会社に郵送してもらいます。事前認定の場合は保険会社から損害保険料率算出機構へ送られ、損害保険料率算出機構で調査されます。調査結果は保険会社経由で通知されます。被害者請求する場合は自賠責保険会社へ直接申請書類を提出します。その後、損害保険料率算出機構で調査され、自賠責保険会社経由で結果が届きます。結果は、約3か月程かかる事が多いです。どの等級にも該当しない場合は非該当、該当する等級が1つの場合は第何級何号、複数ある場合は併合何級となります。

後遺障害等級認定の結果に納得できない場合は、異議申し立てを行う事が出来ます。異議申し立ての回数に制限はありませんが、その場合は事故と症状の因果関係の証明、医学的に認めさせる為に、追加で診断書などの客観的な資料を添付する事をお勧めします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket